内田篤人のフットボールタイム#75 守田選手とのアツトカケル(後半パート)

内田篤人の FOOTBALL TIME

どうも!ひとえ(@t_football_love)です!

今回の内田篤人のフットボールタイム#75は、内田さんがU19の合宿があるため2本撮りということもあり、前回同様松井選手がゲスト出演、守田選手と内田さんの対談(アツトカケル )後半パート、佐藤寿人さんと日向坂46の影山由佳さんとのプレイヤーズラボがメインです。

過去回の記事はコチラ!

目次

アツトカケル 守田選手との対談

前回続きで今回は後半パートです。

この収録時点ではワールドカップ出場は決まっていなかったですが、大一番のオーストラリア戦では決勝点の起点となる活躍を披露した守田選手

Embed from Getty Images

内田さんから対戦してみたい国を聞かれた守田選手は「ブラジル、イングランド、イタリア」といった強豪国を挙げていました(イタリアは散ってしまいましたが・・・)。

Embed from Getty Images

守田選手がまだブラジルと試合したことがないことが意外だった内田さんは「ブラジルは強いです、気をつけてください」と忠告していました(笑)。今回の抽選結果では最短でもベスト8まで勝ち進むことが必要があるわけですが、守田選手の活躍で日本代表をベスト8まで導いて欲しいものですね。

21年の冬の移籍市場でポルトガルのサンタクララに移籍した守田選手。加入してからはすぐさまレギュラーを勝ち取り、いきなりクラブ最高成績の6位に貢献するなど、川崎フロンターレの活躍そのままにポルトガルでも大活躍しています。

Embed from Getty Images

海外に挑戦という選択をする際にチームメイトとかに相談した?」という内田さんの質問に対して、「相談すると行かない理由を探しだすと思ったから」と相談していなかったという男前な回答をしていました。後押ししてくれた一言としては、移籍する際に「なんで行きたい?」みたいな話を強化部長としないといけなかった時に、家長選手が「いってから考えるから、行かせてくれ。」とフォローしてくれたのが助かったそうです。さすが海外経験をしている家長選手!といったフォローですね(笑)。

Embed from Getty Images

海外でのプレーは向いているか?という内田さんからの質問に対しては、守田選手は「気を遣う」ことよりも「よくしたい」という気持ちの方が強いため、物怖じせずに発言する点が日本人っぽくないメンタリティーだと自分のことを評価していました。私は「THE 日本人」と自称できる性格なので、自分のことをこのように評価できる守田選手、かっこいいです・・・。

海外に移籍したことによって起きたプレーの変化としては、「個の強さ」、「ボールを奪う迫力」や「ボールを奪う間合い」といった点が日本の時よりも変化したと感じているようでした。特にボールを取る位置に関しては、いい点悪い点があるものの、極力高い位置で取るようになったと語っていました。引いたら引いた分だけ相手がゴールに近くなり、結果としてピンチになるので、意識し始めたそうです。

Embed from Getty Images

そして自分に足りない部分はアシストの部分だと振り返っていました。まぁ守田選手がもっと得点に絡めるようになってくると更にいい選手になることは明らかなので、ぜひとも磨いて欲しい点ではありますね。

守田選手から内田さんへの逆質問では、「契約を勝ち取るために意識していたことは?」というテーマで質問していました。内田さんの回答は「とりあえず試合に出続ける。どんなに足が痛くても、他の選手にチャンスを与えない。自分がいない間に他の選手がプレーしてチームが勝ってもうれしくない、自分が出ていなければチームが負けてもいいと思っていた。」とプロとしてのマインドを守田選手にアドバイスしていました。

Embed from Getty Images

自分が出ていない試合は負けてもいいと思っていた」という発言は、すごい内田さんらしいなと感じました。自分が出ていない試合で良い結果が出てしまったら、スタメン固定されて自分が出れなくなるという危機感の表れだと思いますが、「負けてもいい」というのは流石です(笑)。

今後のステップアップについては、1つのクラブに長く留まっている長谷部選手もすごいし、複数クラブを渡り歩いた本田選手もすごいと語っており、まだ具体的なイメージは持っていなさそうでした。ただサンタクララに移籍してからは、ステップアップの報道が結構されているイメージなので、ワールドカップ前もしくはワールドカップ後には移籍するんじゃないかなーと勝手に思っています。どこにいくのか楽しみです!

プレイヤーズラボ ラインブレイク

内田さんがプロの練習や練習で意識する点をレクチャーするプレイヤーズラボ。第2回目の今回は筑波学院大学サッカーフィールド協力のもと、内田さん、佐藤寿人さん、日向坂46の影山由佳さんというメンバーで、全5回で放送を予定されています。

今回のテーマはラインブレイクで、Jリーグで200得点以上を記録している佐藤さんが今回は講師役で、佐藤さんが現役時代にも行っていたシュート練習を紹介していました。練習内容については後日公開予定のYOUTUBEで確認していただきたいですが、シュート練習する時にストライカーが意識する点として以下の3つを挙げていました。

Embed from Getty Images
  • パスが悪くても点を決めるという意識を持つ。
  • ゴールを決めても、もっと良いコースがなかったか?と常にプレーを分析して改善する。
  • 状況に応じて動き直すアイデアをもつ。

元フォワードとして、「パスが悪くても点を決めるという意識をもつ」という点は非常に刺さるものがあり、「いいパスは決めて当たり前」と学生に語っていたのも印象的でした。「なんでマイナスやねん!」とか「スペースに出せや!」とか思っていた自分が恥ずかしくなりましたね(笑)。もう少し早く知っていれば、器の大きいFWになれたかもしれなかったので、今現役の方はぜひご覧になってくださいね!

最後に

守田選手の背中を押してくれたのは家長選手だったみたいですが、ゲストの松井選手が横浜FCから移籍する際に相談していたのは三浦選手だったみたいです。すごい親身になって聞いてくれるみたいで、松井選手ですら頼りにしてしまうのは流石キングカズって感じでした。

番組内では収まりきらなかった内容がYOUTUBEで公開されています!ゲストの松井選手が浜田さんにシバかれるありがたさを内田さんに説明していたり、ドイツやフランスのクラブでのトレーニングについてついて語っているので、気になる方は是非ご覧ください。

やっぱ松井さんでも浜田さんに叩かれるとうれしいんやなー関西人やなーとしみじみ思いました(笑)。

わーわー言うとります!お時間です!さようなら!

ランキングに参加しています!クリックしていただけると助かります!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

内田篤人のフットボールタイムとは?

内田篤人のフットボールタイム」は、サッカー元日本代表の内田篤人さんとフリーアナウンサーの野村明弘さんが出演しているDAZNオリジナル番組の1つです。(配信日:毎週木曜日)

「内田篤人のフットボールタイム」の内容としては、Jリーグちょろっとで、海外サッカーメイン、特に海外の日本人が出場した試合メインに扱っています。

内田篤人さんのプレー解説がわかりやすいだけでなく、全盛期のシャルケや日本代表で実績を残してきた内田選手だからこそ言える厳しめなコメントが興味深く、内田篤人さんのコネクションで海外で活躍している選手も頻繁にゲストとして登場しますので、サッカー好きは必見と言える番組です!

そして、内田篤人さんが良い意味で適当なおかけで、空前絶後のゆるふわ番組になっています。(笑)

内田篤人のフットボールタイムはDAZNオリジナル番組であるため、視聴するにはDAZNと契約する必要がありますが、

「内田篤人のフットボールタイム」以外にもサッカー好きなら必見のオリジナル番組が多数!

Jリーグ、プレミアリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラなど海外の主要リーグの試合が視聴可能!

2021シーズンからはACLアジアチャンピオンズリーグの独占配信も決定!

などなど、

サッカーが好きな人にとってDAZNと契約するメリットはたくさんあります!以下の記事に、サッカー好き目線でのDAZNのメリットとデメリットをまとめていますので、興味ある方はご覧ください!

月額2,250円かかりますが、私としては十分価値があると思っています!

サッカーが好きな方!サッカーをこれから好きになる方!ぜひトライアルでDAZNライフを体感してみてください!
DAZNのある生活から、きっと抜け出せなくなるはずです・・・。(笑)

 

内田篤人の FOOTBALL TIME

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる