toto 第1255回 予想

toto 予想
目次

はじめに

toto 第1254回は空前絶後の絶不調でした。うーん・・・。パーフェクトリーユーフォリア!(意味不明)

なぜか毎回3週連続当選ができません・・・。くやしい・・・。

しかし、嘆いていてもtotoは当たりません。気を取り直して、toto 第1255回の予想を行なっていきます。

今回のtoto 第1255回はJ1(カップ戦+リーグ戦)が5試合、J2が8試合が対象となっております。

J2が多いと嫌だったのですが、toto 第1254回はJ1メインで外しまくってるので、開き直っていきましょう(笑)。

toto 第1回 予想

No.1 甲府 vs 京都

本命予想:引き分け 保険予想:甲府勝利

甲府(7位:12勝9分6敗)と京都(1位:17勝6分3敗)の対戦

甲府ホーム時の京都との対戦成績は3勝3分5敗とほぼトントン

甲府は直近4試合で勝利なし、一方の京都は3連勝中です。

ここは素直に京都にしていきたいのですが、

このカードの試合は直近5試合で京都は勝利していないという事実です。

スケベ心優先で、甲府中心に予想していきたいと思います。

というわけで、本命予想は引き分け、保険予想で甲府勝利と予想します。

No.2 鹿島 vs 名古屋

本命予想:鹿島勝利 保険予想:

※カップ戦であるため順位なし。

鹿島ホーム時の名古屋との対戦成績は30勝1分8敗と鹿島有利

9月1日(水)に行われた第1戦は、名古屋が鹿島に2-0の勝利。

うーん、名古屋がホームで鹿島に先勝しましたが、

第2戦は鹿島が意地を見せる気がするとゴーストが囁いています。

というわけで、鹿島勝利と予想します。

No.3 FC東京 vs 札幌

本命予想:FC東京勝利 保険予想:引き分け

※カップ戦であるため順位なし。

FC東京ホーム時の札幌との対戦成績は9勝2分2敗とFC東京有利

9月1日(水)に行われた第1戦は、札幌がFC東京に2-1の勝利。

第1戦は札幌が勝利していますが、内容的にはFC東京も悪くなかったみたいです。

FC東京ホームの札幌との相性を考えると、FC東京を信じてみたいですね。

ただ、FC東京の勝利のみを予想できるほど、FC東京を信じることはできません・・・。

というわけで、本命予想はFC東京、保険予想で引き分けと予想します。

No.4 川崎 vs 浦和

本命予想:浦和勝利 保険予想:

※カップ戦であるため順位なし。

川崎ホーム時の浦和との対戦成績は8勝5分7敗とほぼトントン

9月1日(水)に行われた第1戦は、1-1の引き分けでした。

なんとか引き分けたという印象の川崎なので、

昨年の王者はやや厳しいかもしれないと思っています。

先週のリーグ戦も川崎は札幌に2-0で勝利しましたが、内容はイマイチでした。

そして負傷者も続出というのもかなり川崎にとってはマイナスですね。

川崎はホームで戦えるというアドバンテージがあるんですけど、浦和有利かなー。

というわけで、浦和勝利と予想します。

No.5 G大阪 vs C大阪

本命予想:引き分け 保険予想:C大阪勝利

※カップ戦であるため順位なし。

G大阪ホーム時のC大阪との対戦成績は16勝2分6敗とG大阪有利

9月1日(水)に行われた試合は、G大阪がC大阪にアウェーで1-0の勝利。

G大阪が勝利しましたが、なんとか勝ったという印象しかないです。

シュート2本という事実・・・私の好きだったG大阪は何処へ・・・。

先週のリーグ戦の大阪ダービーではG大阪はホームで敗北していることも考えると、

悲しいけど、また負ける、もしくは引き分けるとゴーストが囁いています・・・。

というわけで、本命予想は引き分け、保険予想でC大阪勝利と予想します。

No.6 広島 vs 神戸

本命予想:引き分け 保険予想:広島勝利

広島(11位:8勝11分7敗)と神戸(4位:13勝8分5敗)の対戦

広島ホーム時の神戸との対戦成績は14勝5分3敗と広島有利

データ的には広島ですが、順位的にも戦力的にも神戸なんでしょうね。

ただ大迫選手は代表戦で不在ということも考えると、相性重視で広島というのも悪くない?

というわけで、本命予想は引き分け、保険予想で広島勝利と予想します。

No.7 新潟 vs 北九州

本命予想:新潟勝利 保険予想:なし

新潟(4位:14勝8分5敗)と北九州(19位:5勝9分13敗)の対戦

新潟ホーム時の北九州との対戦成績は1勝0分0敗と語れるほどデータなし

前節水戸に0-4と葬られて、全国のtoto予想家の反感を買った新潟さん。

今回は北九州との一戦です。

でもね、私のゴーストはホームでは新潟やってくれると囁いています。

というわけで、新潟勝利と予想します。

No.8 金沢 vs 町田

本命予想:引き分け 保険予想:町田勝利

金沢(16位:7勝6分13敗)と町田(6位:13勝6分8敗)の対戦

金沢ホーム時の北九州との対戦成績は1勝3分2敗とほぼトントン

順位的には結構差があるものの、データ的にはそこまで差がない両クラブ。

勢いとしては前節に3試合ぶりの勝利を飾った町田のほうがあるかなぁ?

一方、金沢はここ直近5試合で勝利がありません・・・。

というわけで、本命予想は引き分け、保険予想は町田勝利と予想します。

No.9 岡山 vs 愛媛

本命予想:愛媛勝利 保険予想:引き分け

岡山(12位:9勝7分11敗)と愛媛(20位:5勝9分13敗)の対戦

岡山ホーム時の愛媛との対戦成績は2勝4分6敗と愛媛有利

順位としては愛媛が苦しいイメージですが、データとしては愛媛に分があります。

前節はJ2の試合で波乱が多かったので、ここは愛媛が波乱を起こす可能せがあるのでは!?

というわけで、本命予想は愛媛勝利、保険予想は引き分けと予想します。

No.10 大宮 vs 東京V

本命予想:大宮勝利 保険予想:

大宮(21位:4勝11分12敗)と東京V(11位:10勝7分10敗)の対戦

大宮ホーム時の東京Vとの対戦成績は4勝0分2敗と大宮がやや有利

データ的には大宮有利ですが、今シーズンの大宮とにかく調子があがりません。

ただ前節は松本に4-0で勝利と久々に快勝といったところで、ここから調子を上げてくるかもしれません。

対する東京Vは直近5試合勝利がありません。うーん、大宮に夢を見てみようかな。

というわけで、大宮勝利と予想します。

No.11 秋田 vs 群馬

本命予想:群馬勝利 保険予想:

秋田(13位:7勝10分10敗)と群馬(15位:7勝8分12敗)の対戦

秋田ホーム時の群馬との対戦成績は0勝1分1敗と語れるほどデータなし

データはほとんどありませんが、秋田は直近5試合が2分3敗なのに対して、

群馬は直近5試合は3勝2分と好調。

群馬のほうが調子は良さそうなので、勝利とするか引き分けとするかで悩みます。

ここは、ゴースト的に群馬勝利としたいです。

というわけで、群馬勝利と予想します。

No.12 松本 vs 磐田

本命予想:磐田勝利 保険予想:

松本(18位:6勝7分13敗)と磐田(2位:17勝5分5敗)の対戦

松本ホーム時の磐田との対戦成績は1勝1分2敗と語れるほどデータなし

前節、相模原と1-1で引き分けるという大波乱を起こしてくれた磐田と、

大宮に4-0の勝利をプレゼントしてしまった松本の1戦。

ここはね、磐田をもう一度信じてあげたいんです・・・。松本がやばそうというのもあります。

というわけで、磐田勝利と予想します。

No.13 山形 vs 水戸

本命予想:山形勝利 保険予想:

山形(5位:13勝7分6敗)と水戸(9位:11勝4分12敗)の対戦

山形ホーム時の水戸との対戦成績は13勝7分6敗と山形有利

新潟を4-0で葬るという大誤算を提供してくれた水戸と、

こちらも山口に負けるという大波乱を提供してくれた山形の1戦。

両クラブ許せません・・・。

ただ、水戸のほうが信じられないとゴーストが囁いているので、

ここは山形を信じてみたい。もう一度だけ・・・。

というわけで、山形勝利と予想します。

toto 第1255回 予想 まとめ

toto 第1255回の本命予想と、保険予想をまとめると以下の通りです。

totoは本命のみ、mini totoは保険も含めて購入予定です!
(今まではエクセルの画像を貼り付けていましたが、今回から表にしてみました。どっちが見やすいか試験中です。)


ホーム

アウェイ
1
(ホーム勝利)
0
(引き分け)
2
(アウェイ勝利)
1甲府京都
2鹿島名古屋
3FC東京札幌
4川崎浦和
5G大阪C大阪
6広島神戸
7新潟北九州
8金沢町田
9岡山愛媛
10大宮東京V
11秋田群馬
12松本磐田
13山形水戸
◎:本命予想 ◯:保険予想

さいごに

前回のtoto 第1254回は散々な結果だったので、今回のtoto 第1255回は自信を取り戻したい1戦です。

今回もイマイチだったら、禁断のトリプル積極解禁も含めて購入方法の見直しを行なっていきたいです。

toto以外の話題を少し。

最近、会社の先輩からのオススメで「イシューからはじめよ」という本を読み出しました。

人生で初めて自己啓発本というやつを読んでいるのですが、意外と面白いです。

要は、仕事ができる人は解決すべき「イシュー(問題)」を見極めているということが論理的に書かれています。

サッカーを例にすると、皆さんが監督で失点数を減らしたいという問題に直面していた場合に、

無能な監督の場合はひたすらに守備練習の量を増やすかもしれません。

一方、有能な監督の場合、うちのクラブの失点数が多いのは、他のクラブと比べると、

セットプレーからの失点が多いので、セットプレーの練習量を増やす

空中戦に強い選手の獲得を打診するなどの解決策がとれます。

このケースの場合、「失点が多い」という問題の本質を「練習量」とみるのか、

セットプレーの対応」とみるのかという見極めが大切ということです。

まぁ上記の例は簡単すぎますけど、仕事でも同じようなことをしているかもしれないなと思い、感銘を受けております。

そして今のところ一番感銘を受けたのは、仕事ができる人になりたいのであれば、

根性に逃げるなと書かれていたことです(笑)。

任された仕事は無理だと思っても、ついつい根性でやり切ってしまう私には青天の霹靂でした(笑)

効率的なビジネスパーソンになるため、「イシュー」から始めれる人間になっていきたいものです。

完全に理解できたら、記事にしてみてたいと思っています!

わーわー言うとります!お時間です!さようなら!

ランキングに参加しています!クリックしていただけると助かります!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
toto 予想

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる