内田篤人のフットボールタイム#66 古橋選手が代表の苦悩を語る

内田篤人の FOOTBALL TIME

どうも!土日にブログを書き貯めれないひとえです!

今回の内田篤人のフットボールタイム#66は、日向坂46の影山由佳さんがゲストとして出演していました!

今回の配信はカタールワールドカップ予選の天王山であるサウジアラビア戦の徹底プレビューと、内田さんと古橋選手の対談後半パートがメインでした。

過去回の記事はコチラ!

目次

内田さんと影山さんによるサウジアラビア戦の見どころ

収録自体は1月27日の中国戦に行われていたので、中国戦の結果を踏まえたものではありませんが、前回敗戦してしまったサウジアラビアを影山さんが分析してくれました。

Embed from Getty Images

影山分析官によると、サウジアラビアはポゼッションサッカーが特徴にもかかわらず、両センターバック(CB)のパス成功率が77%(マードゥ選手 30/39)と67%(アルアムリ選手 35/52)でパスミスが多いという弱点があるそうです。

サウジアラビアは6試合を5勝1分、9得点3失点という抜群の成績を誇っていますが、この3失点の内1失点はCBのパスミスから失点しており、日本もこの弱点をつければチャンスがあるのではないか!?と影山分析官は内田監督に進言していました(笑)。

「CBのパス成功率低いというところだけみて、プレッシャーにいく形をつくるならば、今見た限り低い位置でも(CBが)結構(パスを)ミスるんで。ドリブルで持ち上がってって、パスコースがどんどん少なくなってミスするCBはよくいる。(でも、サウジアラビアのCBは)そうじゃない。フリーで持っていてパスミスしてくれるので、ある程度、彼らをフリーにして、両サイドからグッて(プレッシャーをかけに)いって、バックパスをCBにさせれば絶対蹴ってくれる。」

Embed from Getty Images

パスミスが多いCBにあえてボールをあえて蹴らせるようにプレッシャーをかけていくかな?と影山分析官の進言に対して内田監督は回答していました。

どのようにCBにボールを蹴らせるようにプレッシャーをかけるのかということはボードを使いながら内田さんが解説してくれているので、ディフェンスに課題を感じている方はぜひ番組をご覧ください!

アツトカケル 古橋選手 後半パート

前回の内田篤人のフットボールタイム#65からの続きで、古橋選手と内田さんの対談の様子が配信されました。

セルティックで得点を量産し、上々のデビューをしている古橋選手ですが、ポステコグルー監督からは「攻撃では裏抜け、相手のラインと駆け引きして、ゴールにむかえ」と指示されており、守備のところではハードワークすることを評価してもらえているので、前からファーストディフェンスとして追うようにしているそうです。

Embed from Getty Images

最前線のトップとサイドどっちがいい?」という内田さんからの質問には、「最前線のフォワードのほうが自分の中ではしっくり来ている。サイドももちろんできるんですけど・・・」と回答しており、やっぱりサイドではなく前で勝負したいみたいですね。代表ではサイドの起用が多いので、ぜひ前のフォワードでは使って欲しいなぁと思ってしまいますね。

Embed from Getty Images

そんな最前線でガツガツいっている古橋選手ですが、批判などは「気にしないようにしているし、見ないようにしている。」と繊細な一面があり、内田さんもプレイスタイルと全然違うことに驚いていました(笑)。サッカーしている時と普段は全然違うみたいです。

私だと調子に乗りそうな成績を残しているのに謙虚な姿勢を崩さない古橋選手、J2岐阜でキャリアを開始した時はA代表になって、スコットランドリーグに移籍するなんて思っていなかったそうです。そんな古橋選手のキャリアで大きかったのは、プロ1年目で大木武(現ロアッソ熊本の監督)さんに出会えたことだと振り返っていました。

Embed from Getty Images

この大木さんは南アフリカワールドカップの岡田ジャパンの時のコーチで、内田さんも練習が面白かったと絶賛していました。やはり良いキャリアには良い指導者との出会いが必要不可欠なんでしょうね!

Embed from Getty Images

セルティックでは無双している古橋選手ですが、アジア予選では6試合でノーゴールと結果が残せていません。「サッカー自体は楽しいんで、あとはやっぱり、もう少しコミュニケーションとって、自分をもっともっと出していけたら・・・」と意思疎通に苦しんでいるみたいでした。

今の代表SBからボールが出てこないもんな?」というズバッとした指摘については「出てきてるんですけど、出して欲しい方向に出てこないことが多いですね。センターバックとサイドバックの間から走った時に、僕的にはゴールに向かって巻いて欲しいんですけど、どちらかというとサイドで奥を取る感じで出てくるので」と微妙に合っていないことを告白していました。

この告白に対して内田さんも「押し込むんじゃなくて点を取りに行きたいもんな。シュートまで行きたいんだよな。動きだし見てると。」同調していました。

点を取りに行きたいですね。僕のタイミングでは裏を取れてるんで」と話した古橋選手は、「サイドバックから見ても、ゴールに向かう動きのほうがいいですかね?」と内田さんに逆質問していました。

Embed from Getty Images

シャルケで世界レベルのSBとして活躍した内田さんは「僕は直接ゴールまで行って欲しい。押し込んだところで、もらう側は後ろ向きでゴールに背を向けて受けないといけないし、守る側は楽だから。」という見解を述べて、古橋選手の意見を支持していました。

中国戦から長友選手限界説が至る所で出てきていますが、今回の古橋選手のコメントはどちらのサイドのことなのでしょうか?(笑)。まぁ今回の発言はチーム全体としてといった感じが私はしましたが・・・。

残念ながら、2月1日のサウジアラビア戦には怪我で古橋選手は招集されていませんが、日本をワールドカップに導いてくれる活躍に期待したいですね!

最後に

古橋選手は関西人ということでもう少しガツガツしているかと思いきや、結構シャイでびっくりしました。日本代表でもビビって輪に入っていけていないらしく、これに関しては内田さんは「ダメだよ」と苦言を呈していました(笑)。

日本のストライカー候補なので、バンバンコミュニケーションとっていって欲しいところにパスを出してもらえるようにしてほしいですね!

YOUTUBEにアップされている未公開シーンでは、内田の同世代の槙野選手とのエピソードや移籍先トークが公開されています。また影山由佳さんの紅白の裏話もあるのでお日様の方も是非!(笑)。

来週の内田篤人のフットボールタイムはゲストには南葛FCに移籍した今野選手が予定されています。こういう番組に今野選手って全くイメージできないので来週も楽しみ!

わーわー言うとります!お時間です!さようなら!

ランキングに参加しています!クリックしていただけると助かります!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

内田篤人のフットボールタイムとは?

内田篤人のフットボールタイム」は、サッカー元日本代表の内田篤人さんとフリーアナウンサーの野村明弘さんが出演しているDAZNオリジナル番組の1つです。(配信日:毎週木曜日)

「内田篤人のフットボールタイム」の内容としては、Jリーグちょろっとで、海外サッカーメイン、特に海外の日本人が出場した試合メインに扱っています。

内田篤人さんのプレー解説がわかりやすいだけでなく、全盛期のシャルケや日本代表で実績を残してきた内田選手だからこそ言える厳しめなコメントが興味深く、内田篤人さんのコネクションで海外で活躍している選手も頻繁にゲストとして登場しますので、サッカー好きは必見と言える番組です!

そして、内田篤人さんが良い意味で適当なおかけで、空前絶後のゆるふわ番組になっています。(笑)

内田篤人のフットボールタイムはDAZNオリジナル番組であるため、視聴するにはDAZNと契約する必要がありますが、

「内田篤人のフットボールタイム」以外にもサッカー好きなら必見のオリジナル番組が多数!

Jリーグ、プレミアリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラなど海外の主要リーグの試合が視聴可能!

2021シーズンからはACLアジアチャンピオンズリーグの独占配信も決定!

などなど、

サッカーが好きな人にとってDAZNと契約するメリットはたくさんあります!以下の記事に、サッカー好き目線でのDAZNのメリットとデメリットをまとめていますので、興味ある方はご覧ください!

DAZNは1ヶ月無料トライアル可能ですし、トライアル期間中は解約金もかかりません!

月額2,250円かかりますが、私としては十分価値があると思っています!

サッカーが好きな方!サッカーをこれから好きになる方!ぜひトライアルでDAZNライフを体感してみてください!
DAZNのある生活から、きっと抜け出せなくなるはずです・・・。(笑)

内田篤人の FOOTBALL TIME

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる