内田篤人のフットボールタイム#65 大久保&古橋と結局楽しいトーク

内田篤人の FOOTBALL TIME

どうも!生まれてはじめて鳥のフンを被弾したひとえです。

今回の内田篤人のフットボールタイム#65は、元日本代表の大久保嘉人さんがゲストとして出演していました!

南アフリカワールドカップの時の舞台裏マガトあるあるなどの大久保さんと内田さんでしかできないトークだけでなく、セルティックで大活躍している古橋選手と内田さんとの対談など盛り沢山の内容でした。

内容が気になる方はぜひご覧ください!

過去回の記事はコチラ!

目次

大久保さん マジョルカ時代を振り返る

現在、マジョルカの背番号17をつけているのは久保選手ですが、実は大久保さんもマジョルカに所属していたときの背番号も17でした(2005年から1年半所属)。

Embed from Getty Images

久保選手と大久保選手はFC東京時代に一緒でしたが、当時高校生だった久保選手のことを「物怖じしないというか、自分を出そうという感じがあった。人間もできていた。」と大久保さんは振り返っていました。

2005年1月9日にマジョルカでのデビュー戦(対デポルティーボ)で、1ゴール1アシストという活躍を披露した大久保選手ですが、開始早々に膝の骨が欠けるアクシデントが発生していたそうです。

しかし、大久保さんはドクターストップがかかっていたのにもかかわらず、医療用ホッチキスで仮止めして出場し続けて、大活躍しました。ちなみに、結局試合終了後は痛みと熱で即入院だったそうです(笑)。

デビュー戦で大活躍だった大久保さんは、城さん、西澤さんに次いでのスペインに挑戦したことになりましたが、「成功はしていない」と自分の挑戦を振り返っていました。

海外でプレーした経験というのはその後自身のプレーに影響があったか?という野村さんからの質問に対しては、

「スペインでもうダメだなと思って帰ってきて、プレースタイルを変えないと多分長くサッカーできないと思って、ガツガツとドリブルもあまりしなくなったし、パスで人を使えるようになったし、そのためにスペースをあけるようになったし、あれ(スペインでの失敗)がなければ多分本当に20代でもうやれていないと思います。」と潔く失敗を認めて、プレースタイルを変えに行った大久保さんの適応力の高さがわかる回答をしていました。

大久保さんほどの人でも途中でプレースタイルを変更しないと生き残れないサッカーの世界、本当に厳しい世界ですね・・・。

大久保さんが得意だったクラブ&パサー

J1通算歴代最多の191ゴールを奪っている大久保さんは、G大阪(16ゴール)、鹿島(15ゴール)、名古屋(14ゴール)という結果が示しているように、強いチームが得意だったと振り返っており「鹿島とかはセンターバックにデカくてヘディングが強いのを置くから、スピード系はやりやすい」とコメントしていました。

そんなJリーグ屈指のストライカーとしての成績を残している大久保さんが、「一番やりやすい。サッカーの話まったくしないけど、全部わかってくれる」と絶賛していたパサーは、中村憲剛さん(川崎F 2013-2016 2018)でした。

Embed from Getty Images

内田さんが「中村憲剛さん褒めるのやめない?」っていうぐらい色々な方が絶賛する中村憲剛さん。やっぱり偉大な選手ですね。

20-21シーズンもC大阪で得点をあげていた大久保さんに「まだやれましたよね?」という内田さんの質問には、「全然やれた。今年のキャンプのことを考えると、きついことをやっている自分が想像できなかった。それなら辞めよう。と思ってすぐ辞めた。」と深いのか浅いのかよくわからない理由カミングアウトしていました(笑)。

Embed from Getty Images

キッパリしているというのは大久保さんらしいのかもしれませんね(笑)。

2010年南アフリカワールドカップの裏話

大久保さんから見た代表での内田さんの印象は「みんなからの愛されキャラ」だったそうで、内田さんからも他の人にガツガツいってたそうなんですけど、大久保さんには全くこなかったそうです(笑)

Embed from Getty Images

大久保さんとしては「俺にもきてほしいなぁー」と思っていたそうですが、「闘莉王さんにはイケたけど、嘉人さんは違うんだよなぁ・・・」と内田さんは振り返っていました。まぁ大久保さん、怖そうですもんね(笑)。

そんな代表でも共に戦った大久保さんと内田さんですが、内田さんが2010年南アフリカワールドカップでの1番の思い出は「スタメンから外されたこと」っていったら、「え?外されたっけ?」と大久保さん(笑)

「日本で最後の試合で韓国に1-3で負けたときに、出場してなかったけど、岡田さんがこのままだとまずい、守備をちゃんとしようってなって、なにもなーくで、そうままレギュラーからは外された。23人には入ってましたよ?」と内田さんが自身の状況を丁寧に説明したところ、「そういことかー」と思い出したわけではなく、理解はしていました(笑)

Embed from Getty Images

「右は駒野さんです」と内田さんがいうと、「コマちゃんか、そうかそうかPK外したもんね!」と嫌な思い出し方もしていました(笑)。大久保さんがいかに他人に興味ないかがわかるエピソードで面白かったです(笑)

岡田さんからなにか指示あったか?という野村さんからの質問に対しては、「いやぁ・・・とくにないっすねぇ」と振り返りつつ、カメルーン戦の前に「フーニーになれ」という親父ギャグ(ルーニーになれみたいな指示)はあって当時笑わなかったことを後悔していました(笑)。

Embed from Getty Images

今の日本代表のFWについてはどう映りますか?と言う質問に対して、「うまいんじゃないんすか?まぁ海外でも得点をとっていますし、それなりに自信をつけてくると思うので、今後は楽しみと思う。」と大久保さんっぽくない大衆受け抜群な回答をしていました(笑)。

一方、内田さんは「爆発力がちょっと違う、チームの起爆剤的な感じは大久保さんがする。そういうのはまだいない。クリーンないいフットボーラーはいるけど、ストライカーがほしい。」と踏み込んだ発言をしていました。

野性味あふれるストライカーは確かに減ってきっている気がしますが、今後、大久保さんや内田さんが唸るようなストライカーがでてくるといいですね!

アツトカケル 古橋選手

Embed from Getty Images

今回のアツトカケルの対談相手は、セルティックで活躍中の古橋選手でした。中央大学卒業後、FC岐阜からヴィッセル神戸に移籍。イニエスタやビジャなどの世界的なプレイヤーとともにプレイしたことで得点能力が開花し、2021年夏にセルティックに移籍を果たした古橋選手。

内田さんから「セルティックパークの雰囲気はいいんですか?」と聞かれると、「めちゃくちゃいい。言葉では伝えれない。何かこっちの人はちがう」と古橋選手は答えていて、文化としてサッカーが根付いているスコットランドとまだまだサッカー発展国の日本との違いを肌で感じている様子でした。

Embed from Getty Images

働いている人も仕事放棄して古橋選手に声をかけてくるらしいですが、内田さんもドイツで車の事故を起こした際に来た警察の第一声が「ウッシー写真とってくれ」だったそうです(笑)。やっぱりヨーロッパではサッカーって別格なんでしょうね。

中村俊輔(05-09所属)さんは話題になりますか?」という内田さんから質問には、「ずっと話題。彼はレジェンドだって言われる。」と今だに中村俊輔選手はセルティックファンの記憶に残っているようでした。初のCLの決勝Tに導いた活躍はやはり別格ですね。

Embed from Getty Images

しかし、古橋選手も加入後14試合で8ゴールで、リーグカップでも優勝に導く大活躍。リーグカップ決勝では2得点をあげていましたが、特に1点目のトラップは絶妙でした。

Embed from Getty Images

「1点目のトラップすごかったですね?」という内田さんからのコメントに対して、「正直僕も覚えてないというか。気づいたらもうトラップして、いいところに置けてたんで、なんか体が勝手にうごいたというか、ゴールまで見えていたというか、もう落ち着いて押し込んだ。」と基本感覚で動いていると自身のプレーを表現していた古橋選手らしい、感覚のゴールだったみたいですね。

また、内田さんは古橋選手がJリーグのときはエリアの外からもガンガン打つイメージあったみたいですけど、セルティックに移籍してからはエリア内の動きだしとかがすごい細かくなったと感じていたそうです。

これに対して、「セルティックの場合、相手の前で回すことが多く、センタリングをあげるときに相手のDFラインがブロックをひいてしまうことが多いので、上背がない僕は足を止めずに、動きながら相手の嫌なところに入っていくことを意識している。」と古橋選手はコメントしていました。ワンタッチゴーラーとしての才能に開花してほしいと私は願っています。

そんな古橋選手も昔はロナウジーニョやネイマールとかのサイドでドリブルでしかける選手好きだったみたいですけど、今はゴール前で駆け引きしているメルテンス選手や小林悠選手や大久保選手の動きをよく見ているそうです。

Embed from Getty Images

今後の課題としては、フィジカルが弱いので、相手の間合いに入らないポジショニングを磨いていきたいと語っていた古橋選手ですが、ストライカーに求めることを内田さんに質問していました。この質問に対して、内田さんはチームメイトだったフンテラールを例に出してコメントしていました。

Embed from Getty Images

フンテラールは全部できた。右足、左足、頭、ボールを収めることもできた。スピードはそんなになかったけど、ゴール前で常にフリーだったクロス上げるときに。そこの駆け引きはやっぱりすごい。彼をみて決定力ってやっぱ技術だな。どんなに疲れていても、ゴールの四隅に正確に早く蹴れることなんだなと思ってみていた。」

これを聞いた古橋選手は、「YOUTUBE探して勉強します!」と満面の笑みで意気込んでいました。まぁちょっとフンテラールと古橋選手は、プレースタイルが違うかと思いますが、古橋選手のさらなる成長が楽しみです!

「エリア内の駆け引きうまいし、スピードもあるし、でもあういう選手はDF外しているけど、パスが出てこないと何も始まらないから、サイドで使うとかより、中で使って、飛び出し、その飛び出しに対してパスがだせる、そうすると本当に日本の武器になる。」と大久保さんも期待している古橋選手。

日本代表ではサイドではなくCFでぜひみたいですね!森保監督みていますか!?(笑)

最後に

大久保さんがこういうサッカー番組でがっつりトークしているの見るの初めてでしたが、プレースタイルとは裏腹に優しい雰囲気でびっくりしました。(怖いは怖いですけど笑)

YOUTUBEにアップされている未公開シーンでは、内田さんがシャルケ時代、大久保さんがヴォルフスブルク時代に監督だった鬼軍曹マガト監督のトレーニングを振り返っていました。ゴルフ場とか体育館でとにかく走らされたそうです。さすが鬼軍曹(笑)。

来週の内田篤人のフットボールタイムはゲストに影山由佳さん、アツトカケルの古橋選手との対談後半パートが予定されています!来週も楽しみですね!

わーわー言うとります!お時間です!さようなら!

ランキングに参加しています!クリックしていただけると助かります!
↓↓↓↓↓

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

内田篤人のフットボールタイムとは?

内田篤人のフットボールタイム」は、サッカー元日本代表の内田篤人さんとフリーアナウンサーの野村明弘さんが出演しているDAZNオリジナル番組の1つです。(配信日:毎週木曜日)

「内田篤人のフットボールタイム」の内容としては、Jリーグちょろっとで、海外サッカーメイン、特に海外の日本人が出場した試合メインに扱っています。

内田篤人さんのプレー解説がわかりやすいだけでなく、全盛期のシャルケや日本代表で実績を残してきた内田選手だからこそ言える厳しめなコメントが興味深く、内田篤人さんのコネクションで海外で活躍している選手も頻繁にゲストとして登場しますので、サッカー好きは必見と言える番組です!

そして、内田篤人さんが良い意味で適当なおかけで、空前絶後のゆるふわ番組になっています。(笑)

内田篤人のフットボールタイムはDAZNオリジナル番組であるため、視聴するにはDAZNと契約する必要がありますが、

「内田篤人のフットボールタイム」以外にもサッカー好きなら必見のオリジナル番組が多数!

Jリーグ、プレミアリーグ、セリエA、リーガエスパニョーラなど海外の主要リーグの試合が視聴可能!

2021シーズンからはACLアジアチャンピオンズリーグの独占配信も決定!

などなど、

サッカーが好きな人にとってDAZNと契約するメリットはたくさんあります!以下の記事に、サッカー好き目線でのDAZNのメリットとデメリットをまとめていますので、興味ある方はご覧ください!

月額2,250円かかりますが、私としては十分価値があると思っています!

サッカーが好きな方!サッカーをこれから好きになる方!ぜひトライアルでDAZNライフを体感してみてください!
DAZNのある生活から、きっと抜け出せなくなるはずです・・・。(笑)

内田篤人の FOOTBALL TIME

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる